喜友名泉 ちゅんなーがー

その他の画像全3枚中3枚表示

近世以前その他 / 江戸 / 沖縄 

沖縄県
江戸後期/1751-1829
石造井泉
うふがー、かーぐゎー、周囲水路、石垣、進入路(120.7m)よりなる
1郭
沖縄県宜野湾市字喜友名西原1607番地
重文指定年月日:19920810
国宝指定年月日:
重要文化財

喜友名泉は、喜友名集落の共同井戸として利用されている。男用のうふがーと女用のかーぐわーに分かれ、それぞれ周囲を石垣で囲い、自然の湧水を利用して水を溜める。石垣に給水口を開き、そこから水が湧き出した形にする。
 石垣の主要部は、十九世紀前期頃の築造で、巨石を用いた石造技法にみるべきものがあり、沖縄県を代表する石造井泉といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

喜友名泉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仲村渠樋川
旧和宇慶家墓(沖縄県石垣市字大川宇志原)
瀬底土帝君
旧宮良殿内(沖縄県石垣市大川)
権現堂 神殿
ページトップへ