古見のサキシマスオウノキ群落 こみのさきしますおうのきぐんらく

天然記念物 / 沖縄 

沖縄県
八重山郡竹富町
指定年月日:19780322
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S52-12-063[[古見]こみ]のサキシマスオウノキ群落.txt: この群落は、西表島前良川河口の南岸にある湿地にあり、三離御嶽(ミチャーリオン)として地元の人々によって昔から保存されている約5000平方メートルの地域である。
 ここに自生する植物は、板根の非常によく発達した胸高直径75から85センチのサキシマスオウノキ25本をはじめ、オオハマボウ、イボタクサギ、サガリバナ、カンコノキ、シマシラキ、オキナワキョウチクトウ、シマオオタニワタリなど多数の湿地植物があり、亜熱帯植物群落の様相をよく保存している。
 ことに、サキシマスオウノキ群落は、板根の大きさ及び本数からいっても、我が国最大の規模であり、学術上の価値はきわめて高い。

作品所在地の地図

関連リンク

古見のサキシマスオウノキ群落チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ンタナーラのサキシマスオウノキ群落
諸志御嶽の植物群落
船浦のニッパヤシ群落
津島暖地性植物群落
御池沼沢植物群落
ページトップへ