鳥海山獅子ヶ鼻湿原植物群落及び新山溶岩流末端崖と湧水群 ちょうかいさんししがはなしつげんしょくぶつぐんらくおよびしんざんようがんりゅうまったんがいとゆうすいぐん

その他の画像全9枚中9枚表示

天然記念物 / 東北 

秋田県
にかほ市
指定年月日:20010129
管理団体名:にかほ市(平15・8・7)
史跡名勝天然記念物

 鳥海火山は秋田・山形県境にまたがる日本海に面した活火山である。標高は2,237mで岩質は安山岩を主体とする。鳥海火山の噴火活動は,55万年前に遡る。今から約2600年前,鳥海火山北麓が大崩壊して東鳥海馬蹄形カルデラが形成され,象潟岩砕なだれが発生した。この岩砕なだれは,当時の日本海にまで流れ込み,現在天然記念物に指定されている「象潟」を形成した。
 この象潟岩砕なだれは,堆積後二次的に崩壊し泥流を発生した。この泥流堆積物上面が,後に獅子ヶ鼻湿原が成立する緩斜面である。その後,泥流堆積物上には,鳥海火山から何回かの溶岩流が流下した。これが新山溶岩流である。鳥海火山北麓の標高約550mの新山溶岩流の末端では,このカルデラを集水域として降水が浸透し,溶岩流下部の破砕された部分を通って,出壺(でつぼ)と呼ばれる湧水池から湧出溢流している。
 獅子ヶ鼻湿原植物群落は,出壺から出る豊富な湧水により涵養されて成立した湿地帯と,周囲に成立しているブナ林により構成されている。湿地帯は,大量の湧水のため高木林はあまり発達せず,低木林,ミズゴケ湿原,流水路等により構成されている。
 流水路・ミズゴケ湿原周辺には多量の蘚苔類がクッション状に密生し,独特の景観を形成している。特に,流水中には苔類の群落が密に形成され,未分解の植物体が厚く堆積している。これらの蘚苔類には,苔類のハンデルソロイゴケやヒラウロコゴケなどの遠隔地に飛び離れて生育している隔離分布種,苔類のイイデホラゴケモドキ,ミズホラゴケモドキ,ヤマトヤハズゴケや蘚類のシモフリゴケ,カギハイゴケのような通常高山にのみ分布してい…

作品所在地の地図

関連リンク

鳥海山獅子ヶ鼻湿原植物群落及び新山溶岩流末端崖と湧水群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

象潟
標津湿原
姫島の黒曜石産地
駒止湿原
赤井谷地沼野植物群落
ページトップへ