平成新山 へいせいしんざん

その他の画像全10枚中10枚表示

天然記念物 / 九州 

長崎県
島原市、雲仙市
指定年月日:20040405
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

長崎県島原半島にある雲仙は、約1,300年前の肥前風土記にもその記述が見られる古い温泉地である。島原半島は、東は島原湾を隔てて熊本と向き合い、西は橘湾(千々石湾)に面し、南は早崎瀬戸を隔てて天草と向き合っている。島原半島の中央部に位置する現在の雲仙火山(雲仙岳)の活動が始まったのは、およそ50万年前である。雲仙火山は遠くから見るとひとつの山に見えるが、実際は、普賢岳(1359m)、妙見岳(1333m)、野岳(1142m)などの溶岩ドーム(溶岩円頂丘)によって形成される複成火山である。今から約200年前、 寛政4年(1792)普賢岳が噴火した。噴火が終わった後、島原市街の背後にそびえ立っている眉山が大きな地震とともに大崩壊した。岩なだれは島原城下の半分近くを埋め、さらには有明海に流れ込んだ。そのため大津波が発生し、 対岸の肥後(熊本)を含めて、約15,000人が死亡する我が国最大の火山災害が発生した。災害史上有名な「島原大変肥後迷惑」である。
平成2年11月17日、雲仙火山の最高峰である普賢岳は、後に平成新山の誕生を促すことになる198年ぶりの噴火を開始する。噴火に先立つ1年ほど前から、普賢岳の西側にある橘湾の地下10km程度を震源とする群発地震が発生し、震源が浅くなりながら東に移動し、火山性微動の発生も観測されていた。噴火は、普賢岳山頂から東へ600mほどの普賢神社付近の九十九島火口と地獄跡火口での水蒸気爆発から始まった。平成3年5月20日、地獄跡火口に溶岩ドームが出現する。地下のマグマ溜まりから次々と供給される粘性の高いデイサイト質溶岩は、最…

作品所在地の地図

関連リンク

平成新山チェックした作品をもとに関連する作品を探す

姫島の黒曜石産地
鳥海山獅子ヶ鼻湿原植物群落及び新山溶岩流末端崖と湧水群
樽前山溶岩円頂丘
昭和新山
島原城跡
ページトップへ