文化遺産オンライン

昭和新山

しょうわしんざん

概要

昭和新山

しょうわしんざん

天然記念物 / 北海道 / 北海道

北海道

有珠郡壮瞥町

指定年月日:19510609
管理団体名:壮瞥町(昭34・9・28)

史跡名勝天然記念物

昭和18年12月28日,有珠山周辺を激しい揺れが襲った。地震は続き,翌年6月には畑地の中で水蒸気爆発が始まり,激しい噴火とともに火山の成長が始まった。噴火と隆起は昭和20年9月末まで続き,溶岩の上昇により海抜407mに達したところで活動は終息する。昭和新山の誕生である。この間の山体の変化は,三松正夫氏により克明に記録され,三松ダイアグラムとして著名。

昭和新山をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

火山 / 噴火 / 溶岩 / 壮瞥

関連作品

チェックした関連作品の検索