新倉の糸魚川―静岡構造線 あらくらのいといがわしずおかこうぞうせん

その他の画像全2枚中2枚表示

天然記念物 / 中部 

山梨県
南巨摩郡早川町
指定年月日:20010813
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 糸魚川―静岡構造線は,ほぼ南北の延びを示し,新潟県糸魚川市から長野県大町市,松本市,諏訪市,山梨県富士見町,白州町,早川町を経て静岡市に達する。日本列島中央部を横断し,東北日本と西南日本を分ける延長250kmにも及ぶ大断層である。近年では,北アメリカプレートとユーラシアプレートを画するプレート境界であるとする学説もあり,極めて重要な断層である。糸魚川―静岡構造線の西側が比較的古い時代の地質を主体とするのに比べ東側の地域は,新第三紀(2,400万年前以降)や第四紀(200万年前以降)の若い時代の地質を主体とする。この東側の地域が,ナウマン(H.E.Naumann:1854-1927)によりフォッサマグナ(FossaMagna=大きな溝)と呼ばれた地域である。フォッサマグナは,およそ1,500万年前日本海の拡大に伴って形成された凹地で,フォッサマグナの西側の境界が糸魚川―静岡構造線である。
 糸魚川―静岡構造線は,全ての区間で活断層というわけではない。活断層の部分は,北は長野県白馬村から南は山梨県櫛形町の間である。糸魚川―白馬村間と山梨県櫛形町―静岡市の間は,活断層の痕跡を示す地形が認められていない。糸魚川―静岡構造線の活断層の部分を,特に「糸魚川―静岡構造線活断層系」と呼ぶことがある。活動度は,主に長野県内の部分で高く,松本市付近で1,000年あたり8.6mという高い活動度を示している。糸魚川―静岡構造線活断層系は,「北部」,「中部」,「南部」と大きく3つの部分から成り立っている。北部の活断層は,東側の地盤が西へつきあげる逆断層,中部は,左横ずれ断層,南部は,西側の地盤が東へつきあげる逆断層,となっている。特に,中部…

作品所在地の地図

関連リンク

新倉の糸魚川―静岡構造線チェックした作品をもとに関連する作品を探す

月出の中央構造線
大鹿村の中央構造線(北川露頭・安康露頭)
真川の跡津川断層
千屋断層
野島断層
ページトップへ