靴屋の親爺〈原田直次郎筆 一八八六年/油絵 麻布〉 くつやのおやじ

絵画 / 明治 / 関東 

原田直次郎
東京都
明治
1面
東京都台東区上野公園12-8
重文指定年月日:20020626
国宝指定年月日:
登録年月日:
国立大学法人東京芸術大学
国宝・重要文化財(美術品)

 原田直次郎(一八六三-九九)は、明治十五年(一八八二)に高橋由一の天絵学舎に入門し油彩技法を学んだ。同十七年ドイツに留学、ガブリエル・マックスに師事し、ミュンヘン・アカデミーでも技法指導を受けて西洋油絵技法を習得した。同二十年帰国。翌年画塾、鍾美館を開設して後進の指導にあたる一方、同二十二年には明治美術会創立に参加している。帰国後においては、本格的な西洋画移植を志し、構想画の大作「騎竜観音」(一八九〇年、護国寺蔵)を制作し一大論議を呼んだ。さらに大きな業績を嘱望されながら病魔に襲われ、未完のまま夭逝した。日本洋画史の上では黒田清輝の帰国の直前にあたり、日本洋画の方向性を模索していた時期であっただけに、その短命が惜しまれる。
 本図は左前方から斜め向きに中年の男の胸像を描いている。現在の画面は右端を男の左肩半ばまでとし、下端は胸のすぐ下辺りまでとしているが、木枠に折り曲げられた布地上に絵が連続しており、当初はもう一回り大きい画面だったことが知られる。
 男は振り向くように顔を正面に向けているが、照明が左方から当てられているため、顔の半ばを影としている。陰影のコントラストは強く、劇的な効果を上げている。男は頭頂まで禿げあがり、彫りの深い面貌に髭を生やし、胸をはだけた様とあいまって精悍な印象を与える。白色の上衣に灰色の吊りズボン、暗茶色の前掛けを掛けており、丸めた手ぬぐいを胸元に挟み込んでいる。青灰色の背景とし、画面左下方に「NAOJIRO HARADA 1886」とサインする。
 作者二三歳、留学中の作品で、小品ではあるが非常に完成度が高い…

作品所在地の地図

関連リンク

靴屋の親爺〈原田直次郎筆 一八八六年/油絵 麻布〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

老人像
老人像

原田直次郎

Nの家族(小出楢重筆 一九一九/油絵 麻布)
八王子付近の街
湖畔〈黒田清輝筆 一八九七年/油絵 麻布〉
舞妓〈黒田清輝筆/油絵 麻布〉
ページトップへ