文化遺産オンライン

ドイツの少女

しょうじょ

作品概要

ドイツの少女

しょうじょ

絵画 / 明治

原田直次郎筆

明治時代・19世紀

カンバス・油彩

33.5×21.0

1面

原田は、洋画研究のためドイツに留学し、ミュンヘンアカデミーでドイツ官学派の堅実な画風を学んだ。本作は留学中の代表的作品である。また原田は、ドイツ滞在中に森鴎外と親交を深め、後に鴎外の『於面影(おもかげ)』や『舞姫(まいひめ)』などの挿絵を手がけている。

ドイツの少女をもっと見る

原田直次郎筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

洋画 / 留学 / 黒田 / 帰国

関連作品

チェックした関連作品の検索