日本服を着たる白耳義の少女

絵画  油彩画 / 明治 / 日本 

児島虎次郎 (1881-1929)
こじまとらじろう
1911(明治44)年
油彩・キャンバス
81.8×65.7
額装

 金髪の少女が和服姿でこちらをじっと見つめている。かしこまったポーズ、少し緊張した面持ち、カーテン地で覆われたソファー。あたかも静物画の題材のように、すべてが作為的に設置された、ぎこちなく感じる空間。
 しかし、こうした違和感は、この作品を図版などで観察したときだけに感じることであって、本物を前にすると、鮮やかな色彩の響きにただただ酔いしれてしまう。
 この作品が描かれた年、児島が滞在していたベルギーでは、多くの画家が隣国フランスで生まれた印象派の流れを受け継ぎ、独自に発展させていた。児島は、関西財界の重鎮、大原孫三郎の援助を受けヨーロッパに留学して3年目。ベルギーで、ようやく納得する師にたどりつき、光と材質感が見事にかみ合った、充実した制作活動が行えた。
 児島は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)を飛び級してわずか2年で卒業してしまったことにも驚かされるが、ベルギーのゲント美術アカデミーも、1912年に首席で卒業してしまった。その後も精力的な活動を続けたが、あわせて、日本に西洋名画を紹介するためヨーロッパ各地で作品を蒐集した。エル・グレコ《受胎告知》をはじめとするその超一級コレクションは、現在倉敷にある大原美術館の核となっている。(田中善明)

作品所在地の地図

関連リンク

日本服を着たる白耳義の少女チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中山茂子像
中山茂子像

児島虎次郎

児島虎次郎記念館
支那の少女
支那の少女

三岸好太郎

犬を抱く少女
犬を抱く少女

フリンク、ホーファールト

青い服を着た若い女
青い服を着た若い女

ルノワール、オーギュスト

ページトップへ