文化遺産オンライン

濃尾大演習

のうびだいえんしゅう

作品概要

濃尾大演習

のうびだいえんしゅう

絵画 / 大正

長原孝太郎筆

大正時代・20世紀

カンバス・油彩

39.5×44.0

1面

明治23年に、愛知県知多半島一帯で行われた陸海軍合同大演習の模様を描いている。先頭にたって指揮するのは明治天皇である。本図は聖徳記念絵画館の壁画のための下図で、壁画は長原の死後昭和6年、息子の坦がこれを引継ぎ完成させた。(旧台箋)

長原孝太郎は美濃の生まれ、止水と号した。小山正太郎に洋画を学び、理科大学で考古遺物や鳥類の図譜作成に従事するかたわら、原田直次郎や黒田清輝に師事した。後に東京美術学校教授も務めたが、画業は多彩で書籍の装幀や風刺画などにもその才を発揮した。

濃尾大演習をもっと見る

長原孝太郎筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

長原 / 洋画 / 孝太郎 / 黒田

関連作品

チェックした関連作品の検索