文化遺産オンライン

詩歌・書状

しいか しょじょう

作品概要

詩歌・書状

しいか しょじょう

/ 江戸

吉田松陰筆

江戸時代・19世紀

紙本墨書

1巻

吉田松陰が親交のあった大垣藩士長原武に宛てた書状と詩文。巻頭に木戸孝允(松菊)が題辞を寄せる。跋文によれば、長原の死後同郷の神田孝平(1830~98)が遺品の中から見出したという。なお洋画家の長原孝太郎(止水)は子。

詩歌・書状をもっと見る

吉田松陰筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

長原 / 松陰 / 孝太郎 / 吉田

関連作品

チェックした関連作品の検索