中津川の鉄砲堰製作技術 なかつがわのてっぽうぜきせいさくぎじゅつ

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 関東 

選択年月日:20080313
保護団体名:中津川鉄砲堰保存会
備考:
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 中津川の鉄砲堰製作技術は、埼玉県秩父市中津川に伝承される鉄砲堰を作る技術である。鉄砲堰とは、鉄砲流しと呼ばれる木材流送に用いられ、山中で伐り出された木材を貯めた水を一気に放水することで、下流に押し流すために沢や小河川に設けられてきた。
 鉄砲堰の製作型式には、規模が小さく木材を縦に並べて川を堰き止める秋田式と、規模が大きく木材を横に積み上げる越中式が知られるが、中津川のものは両者の構造を取り入れ、小規模ながらも川底から木材を横に積み上げていく独自の堰である。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

中津川の鉄砲堰製作技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

揖斐川の簗掛け技術
尾山の七夕流し
西田のヨズクハデ製作技術
中陣のニブ流し
吉野大塔の坪杓子製作技術
ページトップへ