アイヌの建築技術及び儀礼 あいぬのけんちくぎじゅつおよびぎれい

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 北海道 

選定年月日:19600300
保護団体名:特定せず
備考:記録:アイヌ民俗技術調査6住に関する民俗技術(北海道教育委員会・平成27年3月)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

本件は、アイヌの人々が生活した住居である「チセ」に関する建築技術及び儀礼等の習俗である。チセは、野山に自生する草木を材料として建築された住居で、柱や梁、桁には栗、楢、榛の木など、これらの木材の結束には蔓類、壁や屋根には葭や笹、樹皮などが用いられた。独特の形状をした屋根を、四隅に建てた4本の柱の上に乗せた簡易な構造をしており、内部は炉が切られ、炉を中心として家族の座る場所などが決まっていた。

関連リンク

アイヌの建築技術及び儀礼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田植に関する習俗
北川上流域の農耕習俗
長崎「かくれキリシタン」習俗
出雲の藤布紡織習俗
対馬の釣鉤製作習俗
ページトップへ