角塚古墳 つのづかこふん

古墳 / 東北 

岩手県
胆沢郡胆沢町
指定年月日:19850322
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 北上川の中流域、北上盆地のやや南寄りで、西から合流する胆沢[いさわ]川が形成した扇状地に、角塚古墳が築かれている。この古墳は昭和10年代より地元の研究者が埴輪の出土に注目しており、昭和20年代に広く学会にも紹介され、日本最北端に位置する本格的な前方後円墳として注目されるに至ったものである。近年、この地域で圃場整備事業が計画されたため、胆沢町教育委員会が昭和49、50年の2年次にわたり調査を実施し、その輪郭を明らかにした。
 古墳は、前方部を南に向けた前方後円墳である。墳丘の全長約45メートル、後円部の径約30メートル、高さ約4.5メートルを測り、前方部は前端幅約20メートル、くびれ部幅約13メートル、高さ約1.5メートルと復原され、後円部は2段に築成されている。周濠は後円部周辺が幅約10メートル、前方部で約3メートルと狭くなり、全体が馬蹄形状を呈している。墳丘上には葺石、埴輪が認められ、前方部には各種の形象埴輪のあったことが知られている。形象埴輪の中には、動物、人物、家形埴輪等が含まれている。
 この古墳は、前方部が短く狭い特色ある形態をとっているが、周濠、埴輪等の状況からみて6世紀の前半に属するものと考えられている。造営についても企画性があり、本格的に築造された古墳である。岩手県内には、本例を除くと終末期の古墳しかなく、以南の地域でも南方約70キロの宮城県大崎平野まで前方後円墳等の存在が認められないだけに極めて注目される上、東方2キロに史跡胆沢城跡が営まれており、歴史的な彼我の関連も考えられる。いずれにせよ、角塚古墳はこの地域に形成された…

作品所在地の地図

関連リンク

角塚古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒姫山古墳
観音山古墳
渋野丸山古墳
瓢塚古墳
ナガレ山古墳
ページトップへ