うきは市新川田篭 うきはしにいかわたごもり

その他の画像全2枚中2枚表示

農・山村集落 / 九州 

福岡県
71.2
福岡県うきは市
選定年月日:20120709
重要伝統的建造物群保存地区

うきは市新川田篭伝統的建造物群保存地区には、耳(み)納(のう)山系の山間部、隈上川沿いの谷筋に、井手を利用して稲作を営んでいる集落が分布する。近世以降の寄棟造(よせむねづくり)の茅葺の主屋や、明治時代以降に普及した入母屋造(いりもやづくり)の瓦葺の主屋が良好に残り、宅地や棚田をなす石垣、社殿、辻堂(つじどう)、石造物、樹木、河川等と一体となって特徴的な歴史的風致を形成しており、我が国にとって価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

うきは市新川田篭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

うきは市筑後吉井
加賀市加賀東谷
萩市佐々並市
篠山市福住
南会津町前沢
ページトップへ