定義如来西方寺山門 ていぎにょらいさいほうじさんもん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 東北 

宮城県
昭和前/1933
木造2階建、銅板葺、建築面積25㎡、左右袖塀付
1棟
宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
登録年月日:20180327
登録有形文化財(建造物)

西方寺境内の旧中心地の入口を画す。三間一戸の二重門で屋根は入母屋造銅板葺とし、上層正面側中央に軒唐破風を付す。虹梁より上部に多量の彫刻を入れ、組物は出組、軒は上層下層とも二軒繁垂木とする。気仙大工の手による、装飾豊かな山門。

作品所在地の地図

関連リンク

定義如来西方寺山門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

定義如来西方寺手水舎
定義如来西方寺鐘楼堂
定義如来西方寺御守授所
定義如来西方寺御廟貞能堂
建長寺山門
ページトップへ