ヘルプ

世界遺産と無形文化遺産

ル・コルビュジエの建築作品‐近代建築運動への顕著な貢献‐ (平成28年度記載)


国立西洋美術館本館(提供:国立西洋美術館)
 パリを拠点に活躍した建築家・都市計画家ル・コルビュジエの作品のなかから選ばれた三大陸7か国(フランス・日本・ドイツ・スイス・ベルギー・アルゼンチン・インド)に所在する17資産で構成される。
 本資産は建築史上初めて,建築の実践が全地球規模のものとなったことを示す物証であり,各構成資産は近代の社会的,人間的ニーズへ対応した建築の新しいコンセプトを反映し,広い地域に重大な影響を与え,いまだに少なからず21世紀建築文化の基盤であり続けている。

記載物件名 ル・コルビュジエの建築作品−近代建築運動への顕著な貢献−
具体的な物件 【フランス(10資産)】ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸,サヴォア邸と庭師小屋,ペサックの集合住宅,カップ・マルタンの休暇小屋,ポルト・モリトーの集合住宅,マルセイユのユニテ・ダビタシオン,ロンシャンの礼拝堂,ラ・トゥーレットの修道院,サン・ディエの工場,フィルミニの文化の家
【日本(1資産)】国立西洋美術館
【ドイツ(1資産)】ヴァイセンホフ・ジードルングの住宅
【スイス(2資産)】レマン湖畔の小さな家,イムーブル・クラルテ
【ベルギー(1資産)】ギエット邸
【アルゼンチン(1資産)】クルチェット邸
【インド(1資産)】チャンディガールのキャピトル・コンプレックス
所在地 東京都台東区上野公園7-7(国立西洋美術館),その他 フランス,ドイツ,スイス,ベルギー,アルゼンチン,インド
推薦年月 平成27年1月
記載年月 平成28年7月
区分 文化
写真提供 国立西洋美術館
ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―(ユネスコのページ 英語)

ページトップへ