鹿沼今宮神社祭の屋台行事 かぬまいまみやじんじゃさいのやたいぎょうじ

民俗 無形民俗文化財 / 関東

  • 指定年月日:20030220
    保護団体名:鹿沼いまみや付け祭り保存会
    備考:公開日:毎年10月第2土・日曜日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
  • 重要無形民俗文化財

 鹿沼今宮神社祭の屋台行事は、今宮神社の10月の例祭に合わせ、氏子各町から豪華な彫刻を施した囃子屋台が曳き出される行事である。屋台をもつ27か町から、毎年20基ほどが奉納される。氏子町は、4組に分けられ、回り番で当番組をつとめ、この当番組から祭りの運営を取り仕切る一番町が出る。
 例祭初日には、屋台が各町内をまわった後、一番町を先頭に予め定められた順番で神社に入る繰り込みがあり、境内で囃子を奉納した後、屋台の提灯が灯され神社から各町内に戻る繰り出しが行われる。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

鹿沼今宮神社祭の屋台行事 かぬまいまみやじんじゃさいのやたいぎょうじ

その他の画像

全2枚中 2枚表示

鹿沼今宮神社祭の屋台行事鹿沼今宮神社祭の屋台行事
ページトップへ