臨済寺本堂 りんざいじほんどう

建造物 宗教建築 / 江戸 / 中部

  • 静岡県
  • 江戸前期/1601-1700
  • 桁行22.7m、梁間16.8m、一重、入母屋造、こけら葺
  • 1棟
  • 静岡県静岡市葵区大岩
  • 重文指定年月日:19830107
    国宝指定年月日:
  • 臨済寺
  • 重要文化財

臨済寺は今川氏親の創立した寺院で、武田信玄、徳川家康両度の兵火を受け、そのつど再建されている。この建物は正面十一間半、奥行八間半の方丈形式になる大型の本堂で、前方左に同時期の玄関がつく。屋根や内部の一部、側廻りなどに後世の改造があるが、軸組は当初の形式をよく残す。中部地方以東では建立年代が古く、京都風のあく拔けした意匠になる数少い遺構である。

臨済寺本堂 りんざいじほんどう

その他の画像

全4枚中 4枚表示

臨済寺本堂臨済寺本堂臨済寺本堂臨済寺本堂
ページトップへ