短刀〈銘吉光(博多藤四郎)/〉 たんとう〈めいよしみつ(はかたとうしろう)/〉

工芸 / 鎌倉 / 関東

  • 藤四郎吉光
  • 東京都
  • 鎌倉
  • 平造、庵棟、ほぼ反りはなく、先でわずかに俯く。小板目が約んで、表は鎺元と上半、裏は下半と先にやや大肌の板目が交る。総体に地沸えがつき、かすかに棒映りがある。刃文は細かい…
  • 刃長24.6  元幅2.35  元重0.55(㎝)
  • 1口
  • 東京国立博物館文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9
  • 重文指定年月日:19311214
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 国宝・重要文化財(美術品)

吉光は、山城国粟田口派を代表する刀工の一人。短刀や剣に名作が多いとされ、相州正宗と並び賞される名工である。筑前福岡藩黒田忠之より豊前小倉藩小笠原忠真に贈られ、同家重宝として伝来した。

短刀〈銘吉光(博多藤四郎)/〉

ページトップへ