刀〈無銘貞宗(名物亀甲貞宗)/〉 かたな〈むめいさだむね(めいぶつきっこうさだむね)〉

工芸 / 鎌倉 / 関東

  • 貞宗
  • 東京都
  • 鎌倉
  • 1口
  • 東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
  • 重文指定年月日:19360506
    国宝指定年月日:19650529
    登録年月日:
  • 独立行政法人国立文化財機構
  • 国宝・重要文化財(美術品)

鎌倉時代末の名工貞宗の作刀のうち、穏やかで気品の高い作風を示す代表作で、すでに国宝に指定されている短刀三口に劣らぬ健全なできである。大磨上【おおすりあげ】の後に刻まれた亀甲花文によって亀甲正宗と名づけられ、名物帳に載せられている。徳川将軍家伝来。

刀〈無銘貞宗(名物亀甲貞宗)/〉 かたな〈むめいさだむね(めいぶつきっこうさだむね)〉

ページトップへ