杉本家住宅 主屋 すぎもとけじゅうたく しゅおく

建造物 住居建築 / 大正 / 近畿

  • 京都府
  • 大正/1870
  • 店舗部及び居室部からなる
    店舗部・木造、建築面積116.79平方メートル、二階建、切妻造、桟瓦葺
    居室部・木造、建築面積187.03平方メートル、二階建、切妻造、桟瓦葺
  • 1棟
  • 京都府京都市下京区綾小路通新町西入矢田町116番
  • 重文指定年月日:20100629
    国宝指定年月日:
  • 公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会
  • 重要文化財

 杉本家住宅は、京都市街の中心部に所在する町家で、綾小路通に面して広い屋敷地を占める。主屋は、表側の店舗部と裏手の居室部を玄関で結ぶ表屋造(おもてやづくり)の形式で、主屋の後方に大蔵、隅蔵、中蔵が並び建ち、屋敷の周囲には高塀を廻らせる。
 杉本家住宅の主屋は、伝統的な京都の町家形式をよく示し、保存状況も良好で、市内に現存する大規模な町家建築として、高い歴史的価値を有している。また、江戸期の土蔵とともに、明治期から昭和初期にかけて整えられた茶室なども保存され、町家の屋敷構えをよく伝えている。

杉本家住宅 主屋 すぎもとけじゅうたく しゅおく

その他の画像

全3枚中 3枚表示

杉本家住宅 主屋杉本家住宅 主屋杉本家住宅 主屋
ページトップへ