和歌書「夕帰雁」 わかしょ ゆうきがん

その他の美術  / 江戸

蓋表に「齊直公君夫人 御染筆」、蓋裏に「天保四年癸巳五月蒙 御附頭之 台命勤役中賜之 朝倉孫右衛門長経」と墨書があり、幸姫(9代佐賀藩主鍋島斉直室)直筆の和歌を、天保4年(1833)に御付頭の朝倉長経に下賜されたものとわかる。冬鳥のなかでも雁は哀れ深いものとして好まれ、多く和歌に詠まれる。「夕帰雁 あまも舟うらこきかへる夕浪に いつこをさしてかりはいぬらむ」

和歌書「夕帰雁」 わかしょ ゆうきがん

その他の画像

全2枚中 2枚表示

和歌書「夕帰雁」和歌書「夕帰雁」
ページトップへ