三岸家住宅アトリエ みぎしけじゅうたくあとりえ

建造物 住居建築 / 昭和以降 / 関東

  • 東京都
  • 昭和前/1934/1958改修
  • 木造2階建及びコンクリートブロック造平屋建、スレート葺、建築面積88㎡
  • 1棟
  • 東京都中野区上鷺宮2-407
  • 登録年月日:20141007
  • 登録有形文化財(建造物)

画家三岸好太郎・節子夫妻のアトリエ。平明な立面をもつ直方体の主体部南東面に大きく窓を切取り、内部は二層吹抜けのアトリエに螺旋階段を設ける。施主の感性とバウハウスで学んだ設計者の理念が具現化された、都内でも希少な戦前の木造モダニズム建築。

三岸家住宅アトリエ みぎしけじゅうたくあとりえ

その他の画像

全2枚中 2枚表示

三岸家住宅アトリエ三岸家住宅アトリエ
ページトップへ