三越日本橋本店 みつこしにほんばしほんてん

建造物 近代その他 / 昭和以降 / 関東

  • 東京都
  • 昭和/1927
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造、建築面積8,490.88㎡、七階建、地下一階、塔屋六所付
  • 1棟
  • 東京都中央区日本橋室町一丁目7番地
  • 重文指定年月日:20160725
    国宝指定年月日:
  • 重要文化財

三越日本橋本店は,関東大震災で被災した大正期の建物の鉄骨をいかしつつ,昭和2年に鉄骨鉄筋コンクリート造七階建として完成し,その後の増築に伴い,昭和10年に五層吹抜けの中央大ホールを設置するなど,充実が図られた。横河工務所による一貫した設計により,外観はやや簡略化しつつも西洋古典様式に則った意匠で統一されている。内部では劇場の三越ホールが格調ある色調で彩られ,中央大ホールや特別食堂はアール・デコ意匠とするなど,全体として極めて上質な意匠の空間が創出されている。各時代において様々な集客のための仕組みを取り入れながら増改築を重ねており,我が国の百貨店建築の発展を象徴するものとして価値が高い。

三越日本橋本店

ページトップへ