{金銅荘環頭大刀拵/大刀身} こんどうそうかんとうたちこしらえ/たちのみ

工芸 / 古墳 / 中国・四国

  • 上古
  • 柄鞘共に木地に金銅板金を張る。柄頭は厚み約一分の両面に小刻を施した金銅板金の環にして、内側に相対して珠をくわえる双龍を透彫にし、柄頭の脚を木芯に差し込み目釘で留める。
  • 総長119.0 柄頭長7.4 同幅10.6 柄長19.4 同幅3.8~3.2
    鞘長103.2 同幅3.3~2.8 鐔径5.6(㎝)
    中身長68.3 元幅2.9 先幅2.3 鋒長2.0 茎長11.2強 (㎝)
  • 1口
  • 重文指定年月日:19560628
    国宝指定年月日:19580208
    登録年月日:
  • 小村神社
  • 国宝・重要文化財(美術品)

環頭大刀の中で本品のように外環が扁平な素環となり、双龍の表現が著しく文様化され、板金透彫となったものは、倒卵形の鐔と併せて、大陸の様式が次第に受容されたものと見え、恐らく古墳時代末頃の製作と考えられている。この大刀は社殿の奥に秘められたきた伝世品であることも貴重。中身は銹びて形体が崩れていたものを新たに研ぎ直してもので、比較的健全であり、地鉄の鍛えもよく、刃文も素朴である。

{金銅荘環頭大刀拵/大刀身}

ページトップへ