那須官衙遺跡 なすかんがいせき

史跡 / 関東

  • 栃木県
  • 那須郡小川町
  • 指定年月日:19760607
    管理団体名:
  • 史跡名勝天然記念物

 遺跡は那珂川の支流、箒川左岸にある喜連川[きつれがわ]丘陵端部に位置している。従来、「萪国私印」(昭和29年重文指定)の出土、古瓦の散布、土壇状遺構の存在などから梅曽廃寺跡と呼称した場所である。
 昭和42年から行なわれた発掘調査の結果では、礎石をともなう建物遺構、掘立柱建物など30棟以上の遺構が検出されている。遺跡の範囲は方2町と考えられ、そのほぼ中央に東西2間・南北6間、柱間15尺の大規模な建物を中心に倉庫など各遺構が整然と配列されている。遺跡の時期は、出土古瓦などから奈良時代と考えられるが、この性格については、なお不明な点が多い。しかしこの地は、史跡侍塚(昭和26年指定)古墳を中心とした大小の古墳群集地であり、「那須国造碑」(昭和27年国宝指定)の所在などの歴史地理的環境を考慮し、きわめて官衙的色彩の強い遺跡といえる。

那須官衙遺跡 なすかんがいせき

その他の画像

全2枚中 2枚表示

那須官衙遺跡那須官衙遺跡
ページトップへ