刀〈無銘伝貞宗(幅広貞宗)/〉 かたな〈むめいでんさだむね(はばびろさだむね)〉

工芸 / 鎌倉 / 近畿

  • 伝貞宗
  • 鎌倉
  • 鎬造、庵棟、重ね薄く、身幅広く、鋒大きく延び、反りの浅い姿。鍛は板目よくつみ、地沸厚く、地景頻りに入り、ところどころに湯走りごころがあり、刃文は湾調の大乱に互の目交じり…
  • 長70.4  反2.0  (㎝)
  • 1口
  • 重文指定年月日:19520329
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 国宝・重要文化財(美術品)

相州貞宗の古極めがあるもので、まさにその作とみられる。幅広の号は、本剣の姿によるもの。

刀〈無銘伝貞宗(幅広貞宗)/〉

ページトップへ