綴織当麻曼荼羅図 つづれおりたいままんだらず

工芸 / 奈良 平安 / 近畿

  • 奈良
  • 七幅横継ぎに重ねた平絹を本紙とし、その上に撚金糸、緑、朱、茶、黄など各種濃淡色の絹染糸を用いた綴織の大小断片を集成したものである。観経変相図の一形式である当麻曼荼羅の図…
  • 縦394.8 横396.9 (㎝)
  • 1幅
  • 重文指定年月日:19530331
    国宝指定年月日:19610427
    登録年月日:
  • 国宝・重要文化財(美術品)

仁治三年(1242)曼荼羅堂安置の厨子修理が行われた際、その保存のため厨子内に板装納置されたが、延宝年間に至り大雲院の性愚上人により板面から剥離され、現在の如く軸装されたと伝えられる。本紙の中央にあたる阿弥陀三尊を中心とした部分は極めて端厳なものがあり、宝冠等に用いられた金糸の華麗な手法になりながら、面相の描線のような流麗さがある。大幅でありながらも整然と構成されている点は見事であり、その充実した内容と共に高く評価される。

綴織当麻曼荼羅図

ページトップへ