本願寺北能舞台 ほんがんじきたのうぶたい

建造物 近世以前その他 / 安土・桃山 / 近畿

  • 京都府
  • 桃山/1581
  • 舞台 桁行一間、梁間一間、一重、正面入母屋造、背面切妻造
    脇座 庇造、葺きおろし、檜皮葺、後座、桁行一間、梁間一間、片流、こけら葺
    橋掛 桁行三間、梁間一間、一重、両…
  • 1棟
  • 京都府京都市下京区堀川通花屋町下る本願寺門前町
  • 重文指定年月日:19080801
    国宝指定年月日:19530331
  • 本願寺
  • 国宝

白書院の北側前庭に、上段の間に相対するように設けられた能舞台。白書院が見所となる。舞台、橋掛の構造意匠が簡素であること、屋根が比較的小さいこと、後座も本舞台と同じ様に床板が縦に張られていること、橋掛の舞台となす角度が急なことなどが特徴で、これらは江戸時代に入って様式が固定される前の自由な古式を伝えるものである。

本願寺北能舞台 ほんがんじきたのうぶたい

ページトップへ