大浦天主堂 おおうらてんしゅどう

建造物 近世以前その他 / 江戸 / 九州

  • 長崎県
  • 江戸末期/1864
  • 五廊式教会堂、桟瓦葺、北端八角尖塔付
  • 1棟
  • 長崎県長崎市南山手町5番3号
  • 重文指定年月日:19330123
    国宝指定年月日:19530331
  • カトリック長崎大司教区
  • 国宝

元治元年(1864)に完成した堂を改造して明治8年に造り直したもので,外国人宣教師の指導の下に我が国の大工棟梁がその建設を手がけた。ヴォールト天井や尖頭式アーチ形の窓をもつ本格的な洋風建築で,我が国の工匠が洋風建築を手がけた最初期の例として貴重。

大浦天主堂 おおうらてんしゅどう

ページトップへ