大洞貝塚 おおほらかいづか

史跡 / 東北

  • 岩手県
  • 大船渡市
  • 指定年月日:20010813
    管理団体名:
  • 史跡名勝天然記念物

 東北地方北部の太平洋岸には変化に富んだ雄大なリアス式海岸が発達し,特に三陸海岸は豊かな漁場としても有名で,その中央部に大船渡湾が位置する。大船渡湾は北方の内陸に向かって大きく湾入し,自然の良港・漁場となっている。その沿岸には16カ所の縄文時代の貝塚が分布し,湾口部東岸の蛸の浦貝塚と西岸の下船渡貝塚は昭和9年に史跡指定されるなど,この地域は貝塚密集地としても全国に知られている。
 本貝塚は,湾奥の東岸に位置する縄文時代晩期の貝塚であり,後ノ入川が形成した扇状地の南東から舌状に張り出した標高31mの丘陵を中心に立地する。貝層は,舌状台地の北と南の緩斜面にそれぞれ2ヵ所ずつ分布している。大正14年に東北帝国大学が発掘調査し,各地点の貝塚はA・A',B,Cとアルファベット順に命名され,それぞれから出土した土器を標識にして縄文時代晩期全般の編年を示す大洞B,B-C,C1,C2,A,A'式と呼ぶ土器の諸型式が設定された。この諸型式は,東北地方から北海道南部を中心に広く分布し,この遺跡が標識遺跡となっている。また,貝塚は良好に保存され、優れた骨角器や多くの食料残滓が出土し,この地域の漁労の実態をよく示している。
 大船渡市教育委員会は,本貝塚の重要性を認識し,遺跡の保存を目的に平成6年度から範囲・性格を確認するための発掘調査を継続して実施してきた。
 本貝塚は,南北緩斜面に貝塚が形成され,台地頂部の東側に墓域があり,西側の貝塚に囲まれて居住域が広がっていたと推定される。それらを中心にして,さらに広い範囲に晩期の遺物が包含されている。貝層は,厚いところで1m…

大洞貝塚

ページトップへ