牙彫鹿背仙翁置物 げぼりろくはいせんおうおきもの

工芸 その他 / 明治 / 佐賀県

  • 明治時代
  • 象牙 紫檀
  • 幅18.4cm 奥行き12.5cm 高さ23.3cm
  • 1基
  • 佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
  • 財団法人鍋島報效会

明治天皇の「御残品」として、大正2年(1913)9月17日に11代鍋島直大夫人の栄子が拝領した置物。巻子と団扇を手にした寿老人が牡鹿にまたがるさまを表す。寿老人は道教を起源とする延命長寿の神で、同じく長寿のシンボルである鹿を伴う。鹿と翁は象牙製、衣服と土坡は紫檀製である。鹿の角や鼻先の質感、髭をたくわえた寿老人の柔和な表情などを、牙彫細工で巧みに表現している。

牙彫鹿背仙翁置物 げぼりろくはいせんおうおきもの

その他の画像

全6枚中 6枚表示

牙彫鹿背仙翁置物牙彫鹿背仙翁置物牙彫鹿背仙翁置物牙彫鹿背仙翁置物
牙彫鹿背仙翁置物牙彫鹿背仙翁置物
ページトップへ