新式唱歌譜 しんしきしょうかふ

歴史資料 文書・書籍 / 明治

  • 鍋島直大 (1846~1921)
  • なべしまなおひろ
  • 明治39年/1906
  • 紙本墨書
  • 縦25.0cm 横16.1cm
  • 1冊
  • 佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

旧佐賀藩11代藩主・侯爵鍋島直大(なおひろ)自筆の歌譜。伝統的な雅楽譜と西洋の五線譜が併記されている。このうち1曲は、朱字の歌詞が「三条實美卿之御詠歌」、黒字が「鍋島閑叟之詠歌」であり、明治39年(1906)、これに直大が曲を付けたもの。明治4年に亡くなった父・直正(閑叟)と直大による時代を越えた合作と言える。
直大は明治15年から13年間にわたり、宮中の祭祀や儀式、雅楽などを掌る宮内省式部のトップにあたる役職を務めた。また、栄子夫人や娘たちとも一緒に歌唱や演奏を行うなど、公私にわたり雅楽を嗜んだ。

新式唱歌譜 しんしきしょうかふ

その他の画像

全3枚中 3枚表示

新式唱歌譜新式唱歌譜新式唱歌譜
ページトップへ