鍋島夏雲日記 なべしまかうんにっき

歴史資料 文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県

  • 鍋島市佑(夏雲) (1802~1882)
  • なべしまいちすけ(かうん)
  • 縦28cm
  • 1冊
  • 佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
  • 公益財団法人鍋島報效会

佐賀藩で家老をつとめた納富鍋島家の鍋島市佑(夏雲・保脩/1802~82)による日記の写本。文久3年(1863)11月23日~慶応元年(1865)2月19日までの内容が記されている。

市佑は長年にわたり、藩主家の家政機関の長である御年寄役を務め、藩主直属の最高合議機関である御仕組所での会議にも参加し、10代佐賀藩主鍋島直正を支えた。

鍋島夏雲日記 なべしまかうんにっき

ページトップへ