旧北海道庁函館支庁庁舎 きゅうほっかいどうちょうはこだてしちょうちょうしゃ

近代その他 / 明治 / 北海道 

家田於菟之助
北海道
明治時代
1
函館市元町12番18号
市電末広町駅から徒歩5分、元町観光案内所 0138-27-3333。
函館市
北海道指定有形文化財

・この建物のある場所は、河野の館跡で、享和2年(1802)以来幕府はここに箱館奉行所を置き、明治に入って開拓使函館支庁・函館県庁・北海道庁函館支庁となり、その庁舎は明治40年(1907)の大火で焼失しました。
・明治42年に北海道庁技師家田於菟之助の設計により建設され、明治43年に完成しました。函館区が函館市となった大正11年(1922)から昭和25年(1950)まで渡島支庁庁舎として、その後は北海道関係施設として昭和32年まで使用されました。以後は、函館市の所有となり、准看護婦養成所や失業対策事業の作業所を経て、現在は函館市写真歴史館・函館市元町観光案内所として活用されています。
・平成3年(1991)12月の火災後、函館市では2か年にわたって北海道の補助と市の援助を得て、復元工事を実施し、往時の美しい姿を再現することができ、平成6年度から再び使用されるようになりました。
・玄関ポーチのペディメントを支えるクラシックな玄関回りは、明治の木造建築の中でもひときわ美しいもので、公会堂や教会群の点在する元町界隈に一つの彩りを添えています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

旧北海道庁函館支庁庁舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧開拓使函館支庁書籍庫
函館市元町末広町(港町 北海道)
旧函館博物館1号
旧函館博物館1号

田中善蔵

旧金森洋物店
旧金森洋物店

池田直二

箱館奉行所文書
ページトップへ