鮭〈高橋由一筆/油絵 紙〉

絵画 / 明治 / 関東 

高橋由一
東京都
明治
1面
東京都台東区上野公園12-8
重文指定年月日:19670615
国宝指定年月日:
登録年月日:
国立大学法人東京芸術大学
国宝・重要文化財(美術品)

 ここにあげる諸作は、明治維新以後、西洋文化の洗礼を受け、伝統との相剋をのりこえて多様な展開をとげた近代美術の代表的遺産である。
 日本画は欧化主義の新状況の下で混迷を続けるが、やがて岡倉天心という指導者を得、春草【しゆんそう】、観山【かんざん】、大観【たいかん】らによって新日本画創造の努力が進められ、新たな進路が決定される。下村観山(一八七三-一九三〇)の「弱法師」(大正四年、第二回院展)は古典の探索より生み出された新技法による追及を完成させた作品であり、横山大観(一八六八-一九二三)の「生々流転」(大正十二年、第十回院展)は彼の新水墨画様式形成の努力が雄大な構想のうちに結実した畢生【ひつせい】の大作である。
 一方、欧風美術の先頭に立つ西洋画は、明治初年に高橋由一【ゆいち】(一八二八-一八九四)によってすぐれた成果があげられ、「鮭」(明治八年から十二年の間の作)の自然科学的観察と迫真的な描写には、近代の出発点ともいうべき新たな造形の眼の充実が認められる。こうして西洋画は、社会的関心も高まり、明治九年工部美術学校の開設をみるなど順調な出発をとげたかにみえたが、間もなく国粋主義の反動があり、一時沈滞を余儀なくされる。
 これに抗してその発展を軌道に乗せたのがフォンタネージの薫育を受けた浅井忠(一八五六-一九〇七)で、「収穫」(明治二十三年、明治美術会第二回展)は光と空間の表現に進展をみせた彼中期の傑作であり、″脂派【やには】″と呼ばれる黄褐色を主調とした作風は明治中期の支配的画風となった。その後西洋画は黒田清輝【せいき】の外光派の紹介によ…

作品所在地の地図

関連リンク

鮭〈高橋由一筆/油絵 紙〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本墨画生々流転図〈横山大観筆/〉
絹本金地著色弱法師図〈下村観山筆/六曲屏風〉
収穫〈浅井 忠筆 一八九〇年/油絵 麻布〉
海の幸〈青木 繁筆/油絵 麻布〉
女〈荻原守衛作/石膏原型〉
ページトップへ