忍路環状列石 おしょろかんじょうれっせき

史跡 / 北海道 

北海道
小樽市忍路二丁目
指定年月日:19610310
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 三笠山の麓の土場と称せられる地域にあり、ほぼ楕円形に高さ約1メートル余の長大な石柱が並列し、長径約30メートル、短径約23メートルを有する。石柱列の外周には3メートル内外の幅に小石塊が敷設され、その外にも石柱の点在が見られる。また内部にも石柱の一部が残存している。
 この遺跡は早く明治19年に学界にも紹介されたもので、その後、倒状したものまたは移動したものも存するが、ほぼ旧規をうかがうことができる。その性格ならびに年代については、明証を缺くが、近時北海道において発見された類似の遺跡の中においても最も雄大な規模を示すものであり、北方古文化の考察上重要な意義をもつものである。

作品所在地の地図

関連リンク

忍路環状列石チェックした作品をもとに関連する作品を探す

地鎮山環状列石
伊豆国分寺塔跡
キウス周堤墓群
帯隈山神籠石
音江環状列石
ページトップへ