知里幸恵ノート ちりゆきえのーと

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 大正 / 北海道 

知里幸恵 (明治36年~大正11年)
ちりゆきえ
北海道
大正時代/1903~1922
4
北海道立図書館 江別市文京台東町41
JR大麻駅南口から徒歩8分
北海道立図書館
北海道指定有形文化財

・この知里幸恵ノートは、アイヌ語を母語とする女性、知里幸恵(明治36年(1903)~大正11年(1922))が祖母や伯母から聞き覚えたアイヌ民族に伝わるユーカラ(英雄叙事詩)などの口承文芸作品を、ローマ字を用い自らの工夫で書き綴ったものです。
・このノートは、刊行本『アイヌ神謡集』と比較研究する上で、また、アイヌ語を母語とし日本語にも精通する知里幸恵資料として貴重であるばかりでなく、明治・大正期を生きた一人のアイヌ民族の女性が遺した歴史遺産として極めて重要です。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

知里幸恵ノートチェックした作品をもとに関連する作品を探す

アイヌ民族関係資料
金龍寺の鮫様(龍神・妙亀菩薩・鮫神像)
夷酋列像粉本
夷酋列像粉本

蠣崎波響

初田牛20遺跡出土の土偶及び墓坑出土遺物
蝦夷風俗図巻
ページトップへ