加茂の三番叟と花踊 かものさんばそうとはなおどり

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 関東 

選択年月日:19720805
保護団体名:加茂神社民俗芸能保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、千葉県安房郡丸山町加茂の賀茂神社の八朔祭のおり(八月一日、二日)に演じられるもので、三番叟・花踊ともに子どものたずさわる芸能として地方的特色の濃いものである。
 三番叟は十歳前後の少年が翁・千歳・三番に扮し、囃子方も笛を除いてはすべて少年が担当する。その様態は、まず翁舞にはじまり、ついで三番叟と千歳のかけあい、最後に三番叟の舞で納める。
一方、花踊は別に八乙女舞ともいわれるように、十歳前後の少女八人が小歌にあわせて踊るもので、その採物から花と扇、手籠、手拭踊、手踊、奴踊などに分けられる。その舞振りには、初期の歌舞伎踊の面影をしのばせるものがあり、芸能史的にも重要なものである。

関連リンク

加茂の三番叟と花踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

根知山寺の延年
閏戸の式三番
青垣の翁三番叟
洲崎踊
綾子舞
ページトップへ