西田のヨズクハデ製作技術 にしだのよずくはでせいさくぎじゅつ

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選択年月日:20090311
保護団体名:西田「ヨズクハデ」保存会
備考:
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

西田のヨズクハデ製作技術は、島根県大田市温泉津町西田に伝承される、ヨズクハデと呼ばれる稲ハデを作る技術である。 ヨズクハデは、秋の収穫期に作られる。約6mの丸太4本を四角錐型に組んだ形を基本構造とし、高さ・幅ともに約5mに調整し、下の方から稲束を順序よく架けていく。立体的な構造をとるので安定性がよく、また、狭い面積でも効率的に稲を乾燥させることができ、ヨズクハデ1基で米5俵分の稲を架けることができるとされる。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

西田のヨズクハデ製作技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉野大塔の坪杓子製作技術
西之表の種子鋏製作技術
六合入山のネドフミとスゲ細工の技術
論田・熊無の藤箕製作技術
中津川の鉄砲堰製作技術
ページトップへ