鴻巣の赤物製作技術 こうのすのあかものせいさくぎじゅつ

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 関東 

埼玉県
鴻巣市
指定年月日:20110309
保護団体名:鴻巣の赤物保存会
備考:
重要無形民俗文化財

この技術は、赤物と呼ばれる玩具を製作する技術である。赤物とは、桐のおが屑と正麩糊を練った生地を型に入れて成形し、赤く塗った獅子や人形で、タネと呼ばれる原型からカマガタ(釜型)と呼ばれる型をつくった後、生地抜き、乾燥、バリトリなど手間のかかる工程があり、胡粉塗りや赤塗りなどの彩色、組み立ての工程を経て完成となる。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

鴻巣の赤物製作技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉野大塔の坪杓子製作技術
江名子バンドリの製作技術
ともどの製作工程
西田のヨズクハデ製作技術
西之表の種子鋏製作技術
ページトップへ