吉野の樽丸製作技術 よしののたるまるせいさくぎじゅつ

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 近畿 

指定年月日:20080313
保護団体名:吉野の樽丸製作技術保存会
備考:※樽丸を製作する用具と樽丸は、平成19年3月7日に重要有形民俗文化財に指定された「吉野林業用具と林産加工用具」(19…
重要無形民俗文化財

 吉野の樽丸製作技術は、吉野杉から酒樽の側板であるクレを作り、それをマルワと呼ばれる竹の輪に一定量詰め込むまでの技術である。樽丸とはこの一定量のクレを詰め込んだものをいう。
 この技術は、灘や伊丹などにおける酒造りで使われる酒樽の側板を供給するために、江戸時代中期に始まったとされ、最盛期には、樽丸に最適な木材を生産するのが吉野林業の目標とされ、吉野林業は樽丸林業とも呼ばれた。
 樽丸の製作は、タマギリ、オワリ、コワリ、ケズリ、クレホシ、マルマキという6工程からなり、ハニシャクと呼ぶ鋸やオワリボウチョウ、ヘギボウチョウ、ハラアテなどといった特殊な用具が巧みに使われる。

関連リンク

吉野の樽丸製作技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

灘の酒樽製作技術
吉野林業用具と林産加工用具
吉野大塔の坪杓子製作技術
江名子バンドリの製作技術
小木のたらい舟製作技術
ページトップへ