長根貝塚 ながねかいづか

その他の画像全3枚中3枚表示

史跡 / 東北 

宮城県
遠田郡涌谷町
指定年月日:19700309
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 長根貝塚は、北上川の一支流である江合川と、迫川によって開柝された大貫丘陵から、東へのびる細長い半島状の高さ12.3メートルほどの台地上にある。貝塚は、ほぼ馬蹄形をなし、東西約300メートル、南北約250メートルにおよぶ縄文時代前期の末葉から中期に至る大貝塚と、それより西に点在する晩期の小貝塚に分かれ、いずれもシジミを主体とする淡水産貝類から構成されている。
 昭和43年度の調査の結果、獣類・鳥類・魚類・貝類などのほか、多数の土器・石器をはじめ、骨角器・土偶・耳栓・〓(*1)状耳飾りが発見され、さらに遺跡の南部から2個の竪穴住居跡が検出された。中期を代表する円形プランの竪穴で、宮城県下では最初の発見である。本貝塚は規模も大きく、遺構・遺物に恵まれ、保存もよく、東北地方の代表的な貝塚と考えられる。

 昭和45年3月9日指定の本貝塚は、東西にのびる低丘陵上に位置する繩文時代前期末から中期及び晩期にかけての大規模な淡水産貝塚であるが、貝層の分布がさらに確認された南寄りの地域を追加指定する。

作品所在地の地図

関連リンク

長根貝塚チェックした作品をもとに関連する作品を探す

沼津貝塚
水子貝塚
山前遺跡
曽谷貝塚
浦尻貝塚
ページトップへ