旧小山家住宅(田村屋螢庵)庭門及び塀 きゅうこやまけじゅうたく(たむらやほたるあん)にわもんおよびへい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 近畿 

京都府
明治/1868-1911
門 木造、瓦葺、間口1.2m、袖塀付 塀 木造、杉皮葺、延長13m、木戸門付
1棟
京都府南丹市美山町三埜小山ノ元38
登録年月日:20080418
登録有形文化財(建造物)

主屋西面に東西棟で建つ1間棟門で、背面に控柱を建てる。切妻造桟瓦葺で、両開板戸をたて、主屋寄りの塀に潜りを設ける。門西柱から土蔵までの間にコの字型に塀が延びる。腰竪板張の真壁造で、屋根を杉皮で葺く。主座敷前の庭園を区画し、落ち着きを与える。

作品所在地の地図

関連リンク

旧小山家住宅(田村屋螢庵)庭門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧小山家住宅(田村屋螢庵)土蔵
旧小山家住宅(田村屋螢庵)主屋
藤田家住宅門及び塀
佐藤家住宅露地門及び庭塀
奥野家住宅露地門及び高塀
ページトップへ