久世廃寺跡 くせはいじあと

社寺跡又は旧境内 / 飛鳥  奈良  平安 / 近畿 

京都府
古代
城陽市久世芝ヶ原
指定年月日:20071203
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

久世廃寺跡は、木津川右岸丘陵の一支脈、芝ヶ原丘陵の西南端に位置し、法起寺式伽藍配置の塔跡・金堂跡・講堂跡が土檀として良好に残る古代寺院跡である。奈良時代前期に創建され、11世紀前半に廃絶している事が明らかとなり、四面庇の特異な構造の建物跡であったことが確認されている。また、平安時代初頭の多量の瓦や奈良時代末には金銅製誕生釈迦仏立像など重要な遺物が多数含まれている。主要な建物跡が良好に保存され、古代久世郡衙と推定される遺跡もあり、南山城地域の古代寺院を考える上で重要な遺跡である。

作品所在地の地図

関連リンク

久世廃寺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

河内寺廃寺跡
新堂廃寺跡<BR/> 附オガンジ池瓦窯跡<BR/> お亀石古墳
正家廃寺跡
衣川廃寺跡
平川廃寺跡
ページトップへ