大津海岸長節湖畔野生植物群落 おおつかいがんちょうぶしこはんやせいしょくぶつぐんらく

北海道 

北海道
豊頃町長節
JR豊頃駅から車で30分、豊頃町教育委員会 015-579‐5801
北海道指定天然記念物

・大津海岸長節湖は、大津市街から南西約4キロメートルにある周囲約5キロメートルの鹹水湖で、太平洋と幅のせまい砂丘で隔てられています。
・指定地は、この砂丘上の町道と長節湖間にはさまれた幅250メートル、長さ500メートルの地域で、ハマナスを主とし、これにエゾカンゾウ、エゾキスゲ、ムシャリンドウ、センダイハギ、エゾスカシユリ、ハマフウロ、ヒオウギアヤメ、クロユリ、スズランなど多くの草種の加わった群落で、春から初秋にかけては花が次から次へと咲き競います。
・この種の海岸草原群落は小清水海岸などオホーツク沿岸のものが良く知られていますが、この地域のものもまた、規模において劣るものではありません。
・特に長節湖畔の群落にはシロバナハマナスを交えており、湖の静けさと相まって、広々とした景観に趣を添えています。

関連リンク

大津海岸長節湖畔野生植物群落チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大津海岸トイトッキ浜野生植物群落
小清水海岸
斜里海岸の草原群落
稚咲内海岸砂丘林
佐呂間湖畔鶴沼のアッケシソウ群落
ページトップへ