御宝殿の稚児田楽・風流 ごほうでんのちごでんがくふりゅう

無形民俗文化財 / 東北 

福島県
指定年月日:19760504
保護団体名:御宝殿熊野神社田楽保存会
備考:
重要無形民俗文化財

いわき市錦町御宝殿の熊野神社の七月三十一日、八月一日の祭に演じられるもので稚児田楽と風流が中心となり、豊凶占いのおほこたて、豊作祈願のざらっこ(稚児田楽)、豊年感謝の鷺舞・鹿舞・獅子舞などで構成される。ざらっこは、笛、太鼓の囃子方に対して、からす、うさぎの役がそれぞれ一人、ざらっこ(びんざさら役)六人の計八人の稚児が、四人ずつ向かい合ってびんざさらを摺りながら田楽躍を展開する。(曲目次第は道行、総めぐり、二列組打、総めぐり、組合せで進行する)。地方的特色が顕著であり、芸能史的にも価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

御宝殿の稚児田楽・風流チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御宝殿の田楽と獅子舞
那智の田楽
那智の田楽
真家のみたま踊
宇波西神社の神事芸能
ページトップへ