須曽蝦夷穴古墳 すそえぞあなこふん

その他の画像全8枚中8枚表示

古墳 / 中部 

石川県
七尾市能登島須曽町
指定年月日:19810127
管理団体名:七尾市(昭56・3・24)
史跡名勝天然記念物

 能登半島中央東部の七尾湾内に能登島とよばれる島がある。須曽蝦夷穴古墳は、この能登島南部の須曽集落背後の山中にある標高約80メートルの丘陵尾根上に位置する。この古墳の付近には、これまで他に古墳は発見されておらず、孤立的な存在となっている。
 古墳は、一辺25メートル、高さ4.5メートルの方形墳で、方位を南北方向にそろえている。内部主体は海に向って南に入口を開けた横穴式石室が2基設けられ、両者は正しく並行しており、古墳築造時に計画的に構築されたと考えられる。
 2基ある石室のうち、東側が雄穴、西側が雌穴と呼ばれ、両者とも古くから開口され、雄穴は羨道部の一部が、雌穴は羨道部と玄室の一部が既に崩壊している。本古墳の特色はこの石室の構築法にあり、両者ともいわゆる磚槨式石室であり、平面形も雄穴はT字型、雌穴は逆L字型という通常見られない形を示している。石室の構築法は、両者とも同じで、石材は能登島産の玄武質岩板石を用いている。側壁最下段は大ぶりの板石を縦方向に用い、その上に板石を小口積にしている。天井は、四壁が内側にせり出し、隅部はいわゆる三角状持ち送り式に近い手法を用い、1枚の天井石を載せている。底面は大半が抜き去られているが板石を敷きつめたと考えられる。また、羨道部中ほどの底面には、板石を縦に用いた間仕切様の施設が設けられ、雌穴では玄室と羨道との境にも同様なものがある。
 古くから開口していた故か、玄室からの出土品は不明であるが、昭和27・28年の調査の際、雄穴羨道部から鉄鏃・刀子・須恵器・土師器、雌穴羨道部から直刀・鉄鏃・須恵器が発見された。こ…

作品所在地の地図

関連リンク

須曽蝦夷穴古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

矢立山古墳群
水泥古墳
大坊古墳
大野窟古墳
蛇穴山古墳
ページトップへ