水海の田楽能舞 みずうみのでんがくのうまい

無形民俗文化財 / 中部 

選定年月日:19710421
保護団体名:鵜甘神社氏子会
備考:水海の田楽・能舞 所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

今立郡池田町水海の鵜甘神社の二月十五日の祭礼に拝殿を舞台として舞われる。芸能次第としては、「からすとび」「祝詞【のつと】」「あまじゃんごこ」「あま」の田楽に続いて「式三番」「高砂」「田村」「呉羽【くれは】」などの能舞を演じる。「祝詞」では白式尉が祝言を述べて舞い、「あま」では黒式尉が田打から刈上げまでの予祝を行ない、鈴をもって舞う。すなわち、「あま」は「祝詞」のもどき芸(複演出)であり、同様に「あまじゃんごこ」は「からすとび」のもどき芸として複演され、芸能史的に重要である。

関連リンク

水海の田楽能舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

水海の田楽・能舞
下長磯の式三番
閏戸の式三番
睦月神事の芸能
寺野の三日堂ひよんどり
ページトップへ